眼精疲労を針治療で改善しませんか?

眼精疲労専門鍼治療のご案内

~眼精疲労と肩こり~

眼精疲労は1日ぐっすり眠ると翌日はスッキリするといったものではなく、ものがぼやけて見えたり、かすんだり、充血するなどのさまざまな症状が出るとともに、肩こりや頭痛などに悩まされます。
眼精疲労は頭全体を支える首や肩などにも不快な影響を及ぼします。

眼精疲労の症状

目が疲れやすく、重い感じがします。さらに眼精疲労がすすむと、目の奥に痛みを感じたり、充血や流涙などの症状がでます。また、目のかすみや光のまぶしさが苦痛になります。

原因

最近注目されているのは、スマホやパソコンの長時間作業による眼精疲労(VDT症候群)です。この場合は、鍼灸治療での施術で改善できます。

当院では眼精疲労症候群の治療に取り組んでいます

背骨の歪みにより眼精疲労を起こすことがあります。頭の後ろの骨と頸の一番上の骨が圧迫されると目の神経に負担がかかり眼精疲労を起こします。 更に自律神経に負担がかかると、脳が疲労をおこし五感の内ひとつの視覚に影響します。 それにより首から肩にかけての筋肉が硬くなります。目の周りの筋肉のコリを解消する指圧やマッサージも施しますが、背骨や骨盤の歪みなどもっと広域的な 原因をさぐり、鍼灸治療なども交えながら肩・首こりなど更なる症状を併発することなく眼精疲労が回復するよう一人一人に合わせた最善の治療を施します